私が選んだ妊活サプリはマカがメインのサプリメントでした。

結婚してから2年ほどになり、夫とそろそろ子どもが欲しいね、といった話が出るようになりました。
当時私は30歳で、子どもを作ろうと思えばすぐに出来ると思っていたのです。

ところが、いざ子供を作ろうとし始めたものの、なかなか妊娠する事が出来ず、あっという間に7か月が経過しました。
1年間頑張ってみて子供が出来なければ不妊症という話を聞いた事があり、もしかして自分は不妊症なんじゃないだろうか?と思って、焦り始めました。
夫と相談したのですが、病院に行くのはまだ早い。もう少し自分達で努力してみよう。という結論になりました。

そこで、私達が妊活に取り入れたのが、マカが主となった妊活サプリです。
妊活のサプリというと、葉酸サプリというイメージが強かったのですが、葉酸は妊娠しやすくするようなものではなく、主に生まれてくる子供の健康のための成分というような事を聞いたので、マカのサプリメントを飲む事にしたのです。
その他の栄養補給も大切だと思ったので、マカだけのサプリではなく、マカがメインの妊活サプリを選びました。

私は、若い頃から生理不順に悩まされていました。
25日後に生理が来たと思えば、翌月は35日後まで生理が始まらないような状態で、基礎体温をつけてみてもどこが自分の排卵時期なのかよくわかりませんでした。
マカサプリを女性が飲むと、女性ホルモンを増やすらしいとかそういう事で、生理不順や生理痛の改善につながるらしいとかいう話を知って、まずはこれを飲み続けて女性ホルモンを整えようと思いました。

そして、マカサプリは私だけではなく、夫も一緒に飲み始めました。
(夫も妊活に協力的で、相談した結果、夫婦で一緒に飲めるものを選んだのです。)
マカといえば、男性の精力剤のイメージが強いのですが、実際妊活を始めてから、夫が今日は疲れているから、と私に断ってきた日もあります。
夫もまだ30代前半ですが、20代の頃に比べて性欲は落ちてきたといった事を私にも話していたため、夫婦で飲んで頑張ろうと思いました。

サプリなので、飲み始めてすぐに効果が出た訳ではありませんが、2ヶ月目ぐらいから、これまで酷かった生理痛が改善されていました。
さらに、その月は28日目に生理が来て、翌月は29日目に生理が来るなど、これまでになく生理周期が安定してきました。
また、私にとって嬉しかったのは、長年悩み続けてきた冷え性が改善された事です。
手先が冷たく、常に体の冷えを感じるような体質でしたが、いつの間にか冷えを感じる事が無い日もあるくらいの感じになり、夜に寝る時に靴下無しでも眠れるようになりました。

そして、夫の方も確実に効果が出てきたように感じました。
夫が言うには、前より元気が出てきたとの事で、夫の方から積極的に私を誘ってくれるようになりました。
もちろん、妊娠する事が目的なので、排卵日に合わせる事も大切なのですが、若い頃のように夫と仲良くなれる事が純粋に嬉しかったです。
そして、マカサプリで妊活を頑張った結果、その5か月くらい後に妊娠する事が出来ました。
これまで、生理が来ないと思って妊娠検査薬を使ってみても、ずっと陰性だったのが、妊娠した時にはすぐに陽性反応が出て感動しました。
思わず写真を撮って、仕事中の夫にメールを送ったぐらいです。
夫も子供が出来ないのは自分のせいなのかな?と気をもんでいた時期もあったので、私が妊娠したことを凄く喜んでくれました。
幸い、つわりもそれほどきつくなく、比較的楽しいマタニティライフを送っています。
今から半年ほど後に生まれてくる我が子の誕生を楽しみに過ごしています。

妊活の参考サイトはこちら!
今日からできる妊活と病院(産婦人科)不妊治療のデメリット

 

○男性専用の妊活サプリを選ぶのも良いのかもしれません
私だけ先に妊活サプリメントを飲んでいたのですが、なかなか妊娠できませんでした。
そんな時に、友人から、夫婦二人で飲んだほうが効果が高いよ、といった感じの事を言われて、男性用妊活サプリを調べてみることにしました。
すると、想像以上にたくさんの男性用妊活サプリがあって迷ってしまいました。
男性用妊活サプリには、夫婦で一緒に飲めるものと、男性専用のものがあるようでした。
私はもう既に別のサプリを飲んでいましたので、男性専用のものを選ぶ事にしました。
(なんか、兼用のものよりも、専用のサプリの方が良さそうなイメージがあったので。)
その中から、マカの配合量が多くて、他にも天然由来の滋養強壮効果がある成分などがたくさん配合されていて、男性ホルモンの働きをより活性化するとかそんな感じの効果もあるらしいサプリメントを選んで夫に飲んでもらうことにしました。
夫の話では、最初の数か月はあまり変化がなかったそうですが、半年ほど飲み続けると体も疲れにくくなったような感じで、以前より元気に一日を過ごせるようになったそうでした。
また、それらの成分のおかげか、性欲もアップしたようで、妊娠することができました。

○成分などに注意して妊活サプリを選ぶと良いと思います
妊活はここ最近、ポピュラーになってきたような感じがします。
自分でできる妊活として適度な運動をしたり、食生活などの生活習慣を改善したり、基礎体温を記録して妊娠しやすいタイミングを取ったり、あるいは妊活サプリを活用する方法などがあります。
妊活サプリと一口に言っても種類が豊富です。
製品によって配合されている成分も様々ですので、自分に何が足りていて、何を補う必要があるかを確認する必要があると思うのです。
一般的には女性ホルモンの働きを良くするとか、体を温める役割をするとか、なんかそんな感じの効果があるらしいマカなどの成分が人気があります。
他にもや、男性側に原因がある場合の不妊に効果のあるものなどもあるんだと思います。

○妊活中には意識して葉酸を摂取するようにするのが良いでしょう
妊活に励んでいる時には葉酸を一定量摂取する事が望ましいのですが、日々の食事でちゃんと葉酸の十分な量を摂るのは難しいでしょうね。
葉酸は、赤ちゃんの先天性の奇形を防ぐなどの効果があるので、健康な子供を産むために、意識して取るべき栄養素の一つです。
また、葉酸には、男性には精子の染色体異常を防止する作用もあるらしいです。
それと、葉酸の女性に対する効果には、卵子の正常な形成を助ける働きの他にも、子宮内膜を強化する作用があるんだったような気がするため、もし仮にそうだったとすると受精卵の着床率アップにつながるんだろうと思っています。
このように大切な栄養素である葉酸は、野菜の中でも、ブロッコリーやホウレンソウ、レタスなどに多く含まれています。
多く摂取しても、不必要な分は体外に排出されるんだったと思いますので、安心して摂取しても良いんだろうと思っています。
また、食事だけで葉酸を摂取するのが難しい場合には、サプリメントを利用することのも選択肢の一つでしょう。

自分が妊娠しやすい日を把握するために基礎体温を測る

女性のホルモン周期は、28日サイクルで生まれ変わると言われています。
個人差もありますが、生理周期は25日から38日周期と言われていて、生理が始まってから、7日目から15日目までが、妊娠しやすい日らしいのです。
排卵を迎えると、女性の体は妊娠しやすい身体に近づくと聞いた事があります。
生理周期を知って、自分が妊娠しやすい日を把握しておくことが大切なんだろうと思います。
女性ホルモンのバランスが乱れやすい人や、更年期の人は、生理のサイクルが乱れることもあるらしいので、妊娠しやすい日を知るには、基礎体温を測ると良いみたいですね。
低温期から高温期を知ることで、自分の身体がどの状態にあるかを知ることができるという事みたいです。
妊娠すると、基礎体温を測っていても、低温期と高温期の境がなくなるそうです。
排卵日は、生理開始から12日から17日目に迎えるので、排卵日の前後2日から3日が妊娠しやすい日になるそうです。
基礎体温をつけていると、体温が最も下がる日が排卵日になります。
自分の生理周期がわかる人は、生理周期から14日を引いた日数が、排卵日となるらしいので、その前後1週間が妊娠しやすい日と言えるのではないでしょうか。
生理サイクルは、ホルモンのバランスに関係するらしいので、ストレスのない生活、正しい食生活が大切みたいです。
規則正しい生理周期の人は、排卵日が毎月予測できるらしいので、妊娠しやすい日もわかりやすいんだろうと思うのです。
基礎体温をつけると、自分の生理周期や、体調、妊娠のサイクルを知ることができるので、毎朝基礎体温をつける習慣にするのも良いと思っています。

 

○妊活サプリを使ってみた感想
33歳で結婚し、子供が欲しくて子作りしていたものの2年以上子供を授かる事が出来ませんでした。
心配で婦人科で診てもらっても、特に異常がないので様子をみてくださいと言われて、毎日基礎体温を測ったり体を冷やさないように心がけたりしながら妊活していました。
健康や食事にも気を配っていましたが、もっと積極的に必要な栄養などを摂りたい、もっと効率よく摂りたいと思うようになり、妊活サプリを探していたところ、友人に勧められて、マカサプリを飲み始めるようになりました。
友達曰く、「妊活にはマカがすごく効くよ!基礎体温が安定してくるから!」ということでした。
マカのサプリメントを通販で購入して、しばらく飲んでいたところ、確かに基礎体温が上がり始め、排卵日の前にはわかりやすく体調が変わるようになりました。
その後半年ほどして、めでたく妊娠することができ、マカサプリのおかげなのだろうと思っています。
(関連記事:https://synergiepaysanne.org/?p=19

妊娠しやすい身体になるためのマカと葉酸の役割は

妊活をしている方にとって、マカと葉酸というのはかなり一般的によく知られているアイテムではないでしょうか。
マカは男性が飲むと元気になる精力剤というイメージが強いかもしれませんが、勿論そういう側面もあるものの、精子の量を増やす、運動率を良くするという現実的な効果も発揮しています。
そして、女性が摂取するとホルモンバランスを整え、子宮の内膜をフカフカにする、卵子を大きく育て、質もよくするという効果を発揮します。
妊活しているけどなかなか妊娠できない場合、精子の数が少ない、運動率が悪いという男性側の原因もあり、生理周期が不順で子宮内膜が薄い、卵子が育たずに小さいまま流れてしまうという女性側の原因も考えられます。
こういったことが原因だと、マカを摂取することで改善できるかもしれません。
そして葉酸は、妊娠できた時に胎児の神経管閉鎖障害という障害を防ぐ働きがあるとされています。
これは妊娠初期に起こる障害なので、妊活中から飲んでおかないと効果を発揮するのが間に合わない可能性もあります。
また、ビタミンB群に所属しているので、免疫力を上げたり血液を増やしたりする効果もあり、妊婦さんが健康で赤ちゃんをお腹でしっかり育てる手助けもしてくれます。
(関連記事:私が飲んでいた妊活サプリについて

○苦労したけど妊活においての夫の協力がとても心強かった
私は結婚してすぐに赤ちゃんを望みましたが、なかなかできずにいました。
最初は自然に任せていましたが、きちんと自分のサイクルを知ろうと基礎体温を測り排卵日の予測をし、性交をしていましたが、それでも妊娠にはいたらず、生理がくるたびに泣いていました。
夫は最初は気にしてなかったようですが、私の様子を見て妊活に協力的になりました。
私の体が冷えないようにしてくれたり、体の循環をよくする食べ物を買ってきてくれたり、私が当時飲んでいた妊娠によいサプリが男性にも効果があると知ると、旦那自身も飲んでくれたりしました。
何よりも精神的な支えになってくれたのが心強かったです。
2年半かかりましたが、妊娠することが出来てかわいい息子が誕生しました。
(関連記事:https://synergiepaysanne.org/?p=8

○男性の妊活で心がけるべきこと
男性の妊活で心がけたいことは、女性の排卵に合わせてタイミング良く、良質な精子を届けられるようにすることが、第一です。
必要な時にしっかりと務めを果たせるよう、夜更かし等の性欲減退に繋がる行動は避け、ストレスや疲労を貯めないようにしましょう。
また、不足するとインポテンツを引き起こす可能性がある亜鉛や、精子の染色体異常を防ぐ作用のある葉酸、ホルモンバランスを整える効果のあるビタミンEなど、妊活に必要な栄養素を、毎日しっかりと取りましょう。

○妊活の時に気をつけた食事の内容
私が妊活の時に、食事の面で気をつけたことは、いたって簡単で基本的なことでした。
それは、栄養バランスの良い食事を心がけることです。
なぜそうしたのかというと、理由があります。
それは、妊活ではあれも良いこれも良いという話が巷では溢れかえりすぎて、正直、どれが正しいのかがわからなかったからです。
また、そのようなことを全て守ろうとすると、どのような食事を作って良いのかがわからなくなりました。
そこで、ひとまず基本に返って、栄養のあるバランスのとれた食事を摂ることを決めたのです。
そのかいあってか、割とすぐに妊娠をすることができました。
本当ならば、守るべきポイントがあるのかもしれませんが、ずぼらな私にはこの選択があっていたようです。
(関連記事:https://synergiepaysanne.org/?p=12

食生活を改善して妊娠しやすい状態を目指す

夫婦二人の生活も楽しかったのですが、「そろそろ赤ちゃんがほしい」と思い妊活することにしました。
私は食事の改善により妊娠力を高めることに力を入れていました。
具体的には、ニンジンやカボチャなどの根菜類や黒豆などの豆類などの体を温める食材や女性のホルモン分泌を整える亜鉛、体の血を作る鉄分、妊娠初期の胎児の脳の発達を促してくれる葉酸などの栄養素を積極的に取り入れることにしました。
普段の食事はなるべく外食やスーパーの総菜などはやめて、野菜中心のバランスの良いメニューを考えて自分で作るようにしました。
すると、持病の冷え性も改善して血行もよくなり、半年後には妊娠することができました。
妊活における食事の大切さを実感しました。
(関連記事:https://synergiepaysanne.org/?p=10

○一般的に妊活する期間はどれくらいなのだろう?
一般的には、特別な妊活しなくても、期間は2年以内に子供が授かると言われています。
しかし、共働きなど近頃では意識して子供をつくる夫婦が多いです。
妊活を始めて、約1年以内で8割ほどの夫婦には子宝に恵まれるようです。
なかには2年以上という夫婦もいます。
女性には生理があがってしまうというタイムリミットもあるのでなるべく早くから始めた方が良いです。
また妊活していく上で不妊症だったりするハンディキャップなどが見つかったら、費用もかなりかかってしまったりするので、早いうちから妊活はすべきでしょう。
どちらかといえば、女性の約8割がストレスを感じてしまうので、2年以内がちょうど良い期間でしょう。
女性だけが大きなストレスを抱えるので夫婦ともに男性が奥さんを励まし一緒になって活動しましょう。
妊娠サプリ葉酸おすすめ効果ランキング蜃気楼について

○私達が飲んだ妊活サプリの成分について
長く不妊に悩んでいましたが、その妊活中に飲んでいたのが妊活サプリです。
私が選んだのはマカサプリでした。
マカには血行を促進する成分があり、子宮内の環境を良くしたり、女性ホルモン分泌を促す成分があるので、排卵が正確に行われるようになったりします。
それを飲むことで疲れやすい体質が良くなったのを感じていました。
きっと体のサイクルが正常化してきたからだと思います。
また、マカは男性の不妊にもいいと聞いたので旦那にも飲ませていました。
夫婦一緒に妊活サプリを飲んでいることで、二人が同じ方向を見ている感覚がとても良かったです。
その後妊娠することが出来ました。
(関連記事:https://synergiepaysanne.org/?p=17

共働きで大変な事もあったけど夫の協力もあって妊活に成功しました。

夫とは結婚前からすぐに子供がほしいと言っていたので、結婚式・新婚旅行が終わってすぐに妊活をし始めました。
新生活でしかも共働きだったのでけっこう大変でしたが、今までよりも早寝早起きを心がけ、野菜を中心とした料理も2人で交代でがんばって作りました。
それでも鉄分・葉酸などは足りているか少し不安だったので、これらの生活改善に加えて妊活用のサプリも飲むことにしました。
2人で協力してがんばったおかげか、4ヶ月たった頃に妊活成功しました。
新生活から、良い生活リズムが整ったしすごく良かったです。

○葉酸は男女を問わず妊活に必須のビタミン
葉酸は、赤血球の生成と、正常な細胞分裂に関わっています。
ですから、女性が葉酸を積極的に摂取すれば、丈夫な子宮内膜をつくることができ、受精卵が着床しやすくなります。
男性も摂取すれば、精子の染色体異常が少なくなり、元気な精子の割合が多くなります。
このため、受精しやすくなり、胎児の奇形リスクも低くなります。
また、葉酸を妊活の時から摂取すると、神経管閉鎖障害やダウン症などの先天異常の発生を低下させるという研究もあります。

○妊活中の食事で気を付けたこと
妊活中に食事で気を付けられることがいくつかあり、私も実践してみました。
妊活は体を温めることが基本なので、冷たい飲み物や食べ物をなるべく取らないようにすることです。
そして、お味噌汁やスープなどを飲み体を温めます。
また、スープや料理にしょうがやニンニクを入れるのも効果的です。
コーヒーやお茶ではなく、白湯を飲みます。
また、体を冷やしやすい食品もあるようですが、あまり神経質すぎるとかえってよくないので、できる範囲で無理なく続けることが大事です。

私が選んだ妊活サプリは…