食生活を改善して妊娠しやすい状態を目指す

夫婦二人の生活も楽しかったのですが、「そろそろ赤ちゃんがほしい」と思い妊活することにしました。
私は食事の改善により妊娠力を高めることに力を入れていました。
具体的には、ニンジンやカボチャなどの根菜類や黒豆などの豆類などの体を温める食材や女性のホルモン分泌を整える亜鉛、体の血を作る鉄分、妊娠初期の胎児の脳の発達を促してくれる葉酸などの栄養素を積極的に取り入れることにしました。
普段の食事はなるべく外食やスーパーの総菜などはやめて、野菜中心のバランスの良いメニューを考えて自分で作るようにしました。
すると、持病の冷え性も改善して血行もよくなり、半年後には妊娠することができました。
妊活における食事の大切さを実感しました。
(関連記事:https://synergiepaysanne.org/?p=10

○一般的に妊活する期間はどれくらいなのだろう?
一般的には、特別な妊活しなくても、期間は2年以内に子供が授かると言われています。
しかし、共働きなど近頃では意識して子供をつくる夫婦が多いです。
妊活を始めて、約1年以内で8割ほどの夫婦には子宝に恵まれるようです。
なかには2年以上という夫婦もいます。
女性には生理があがってしまうというタイムリミットもあるのでなるべく早くから始めた方が良いです。
また妊活していく上で不妊症だったりするハンディキャップなどが見つかったら、費用もかなりかかってしまったりするので、早いうちから妊活はすべきでしょう。
どちらかといえば、女性の約8割がストレスを感じてしまうので、2年以内がちょうど良い期間でしょう。
女性だけが大きなストレスを抱えるので夫婦ともに男性が奥さんを励まし一緒になって活動しましょう。
妊娠サプリ葉酸おすすめ効果ランキング蜃気楼について

○私達が飲んだ妊活サプリの成分について
長く不妊に悩んでいましたが、その妊活中に飲んでいたのが妊活サプリです。
私が選んだのはマカサプリでした。
マカには血行を促進する成分があり、子宮内の環境を良くしたり、女性ホルモン分泌を促す成分があるので、排卵が正確に行われるようになったりします。
それを飲むことで疲れやすい体質が良くなったのを感じていました。
きっと体のサイクルが正常化してきたからだと思います。
また、マカは男性の不妊にもいいと聞いたので旦那にも飲ませていました。
夫婦一緒に妊活サプリを飲んでいることで、二人が同じ方向を見ている感覚がとても良かったです。
その後妊娠することが出来ました。
(関連記事:https://synergiepaysanne.org/?p=17